モカ

チームG

20141215114256a47.jpg


モカに地元で遊べるお友達ができました!

地元でラブラドール飼いの集まりで名付けて「チームG」です!

きっかけはTwitterで知り合ったびびちゃんとママに最初にお会いしました!
20141217132108762.jpg
びびちゃん♪(びびちゃんちは、お父さんお母さんのトビちゃんとケリーさんもいますよ!)

その後「チームG」の存在を知り^^ 入部しました!( *´艸`)
2014121713210932a.jpg


ビビりなモカは
みんなの遊んでる様子に尻込みして(笑)
しばらくテラスで見学していましたが

みんなが遊んでいるうちにそっとランに入ってみたら、意外と大丈夫でした
びびちゃんには、その前に2回会ってるので、知り合いがいたので少し安心したのかな?

201412171321062c0.jpg
なかなか素敵なワンプロを何度も繰り返されておられます(笑)

回を重ねるごとにモカもみんなに近づいていけるようになり

2014121511433991b.jpg
ボール遊びして、まったりしたり^^

まだ、ワンプロの中には入っていけないけどね

20141215114251101.jpg
ククナちゃん、デュークくん、ニコちゃんのイエロー組がで並行してる^^

2014121511425034c.jpg
ニコちゃん、ネロちゃん、ククナちゃん、ラムちゃん、デュークくん、びびちゃん♪

記念写真の一コマ!唯一モカが並べた貴重なワンショット!
高齢のラムちゃんは、お疲れ気味かな?


それから、ラジオ高崎に出演もしちゃったんだよ♪
(13日に放送されました!)
20141217155052b19.jpg

自分の声を聴くなんて不思議で恥ずかしかったです 

ご一緒していただいたみなさんありがとうございました♪







スポンサーサイト

テンション下がる。。。

いつの頃からか雨の日は散歩に行きたがらなくなったモカ

IMG_0258.jpg

こんな風に雨を見てるだけ。。。。

IMG_0260.jpg

行かなきゃダメ?みたいな顔してこっち見てるし。。。
IMG_0261.jpg
(家トイレ出来れば行かなくても済むんだけどね・・・)


雨も嫌なんだろうけど・・・

カッパ着せられたことが一番テンション下がってしまうモカなのです
IMG_0255.jpg

検査結果!

今日モカの検査結果が出ました!

IMG_0235.jpg

【所見】
赤血球とともに、類円形の核と短円期性の細胞質をもつ円形細胞が観察されます。これら細胞には核の軽度な
大小不同が認められますが、クロマチンは緻密で顕著な異形や悪性見所は観察されません
その他好中球やリンパ球などの炎症細胞も散々されます。

【予後】
犬皮膚組織球種としての治療と経過観察が必要ですが、確定診断のためには組織学的な検査が必要です。


う~~~~ん、なんだか微妙な感じですが・・・
とりあえず、悪性所見は観察されてないようなので一安心です^^

IMG_0241.jpg
(暑くてベロ出ちゃった^^;)
いまでは、一時期よりだいぶ膨らみも小さくなり赤味もなくなってきてるので

100%の安心ではないのですが、

薬の方を続けて様子をみることにしました。

ご心配いただいた皆さんありがとうございました(^^)/

モカは元気モリモリなのでまた遊んでくださいね!

これから暑くなるので熱中症に気を付けましょうね~


結果待ち Ⅱ

モカの病院での続きです^^

細胞診に決めたことで

先生は準備をはじめました

鎮静剤の注射を足の静脈に打つと

だんだんと体の力が抜けていき

後ろ足を曲げ腰を落とし先生が体制整えてくれたのち

IMG_0146_0526病院①

あらら ビックリ 
初めて見る光景に私は少々不安になったけど

ここは、3人も子育てしてきた母として動揺は隠したわ^^;

元々診察台ではおとなしいモカなのですが

この病院では、鎮静剤を使用するようです。

QX6Qb9V5XiH40KZ1401083630_1401084163.png

注射器で採取後に出血があるため先生が止血しているところです

そして、次は目を覚ますための筋肉注射をしました

目を覚ますまでに5~15分かかるようで

IMG_0148_0526病院②

みんなで見守ってるところです

抱っこできるサイズならば抱えて診察室から出れるのでしょうが

それは無理なので ^^;

診察室で目を覚ますのを待つのみでした

ちゃんと目を覚ますか心配しながらも

私はやることないので撮らせていただきました^^;

そんな事しているうちにモカの目や鼻がピクピク動き出した ホッ

その後、先生と看護師さんでモカを車まで抱えて運んでくれました

家に着く頃には意識はしっかりしたものの

足元がフラフラするようでまるで仔馬が初めて立ち上がるような感じに

なっていたので

次女が家にいてくれたのでモカを抱えてソファに寝かせてくれました
(次女は仕事柄抱えるのが上手いので助かります^^)

家に帰ってからのモカはしばらく
IMG_0150 ①
っと、しておりました。

この日の夕散歩はやめて大事をとりゆっくり過ごしました。

その後1日たって今日はいつものように元気なモカになりました(^^)/

IMG_0176①

あとは、結果が良いことを祈るだけです(^^♪








結果待ち

モカが我が家に来てから、今年で5年目になりました!

あんなに犬が苦手だった私はもうすっかり何の事?っていうぐらいになりました

モカさんも当初厳しく育てすぎてしまった割には
(犬への接し方が分からなく無知な結果です^^;)

あまりグレもせずすくすく育ってくれたと思います。(たぶん^^;)

体もとっても丈夫で病気知らずで過ごしてこれたのが

逆に怖いぐらいです・・・


知り合いのゴールデンちゃんが、がん治療で頑張ってる話を聞くと

モカも高齢になるといろいろ心配も出てくるんだろうなぁ~と

薄っすら覚悟はしているつもりでも

いざとなったらどうするのか自分・・・

そんな事も考え始めた矢先に

今月の初めに、鼻の横にポツンとできもの発見
IMG_0162.jpg

散歩中に虫にでも刺されたのかな?ぐらいに思ったけど

内心はちょっと心配(>_<) 何か悪いもんじゃないだろか????と

GWが明けて病院へ・・・・

で、診断は・・・・

組織球種という腫瘍でした。

比較的若年層に(4~5歳)ぐらいまでの犬に発する良性の腫瘍なのですが

「肥満細胞腫」という悪性腫瘍に外見が似ているので見た目だけでは分からない

なので、細胞診が必要・・・

まずは、針での細胞診か・・・

それには、たまたま良性部分を摂取してしまうこともあると聞きいて

う~~~~ん 

確実なのはすべて切除

それには、全身麻酔・・・・・・

う~~~~ん 

この日は判断できず

まずは、腫れがひくか薬を飲む事になり初診は終わりました。

1週間飲んだ結果
IMG_0160.jpg
(お見苦しい画像ですみません)
さらに大きくなって赤味も増したような・・・・
今にもはじけて、変な話膿みでも出て治らないかな?とも思ったよ^^;

だんだん大きくなるしこりをみて不安になり

2回目の病院で

「確実に調べてもらいたいし、見た目にも目立つので手術してもらいたい」と

先生に伝えました

そして、抗生物質とステロイド剤の量を増やしてもう1週間分

薬をもらって2回目の診察は終了

そして、今日(5/26)

すこ~~し、赤味がひけて盛り上がりがちょっとなくなったかな?
(サイズは変わらないけど^^;)
IMG_0156.png

と思ったら

前回までは、手術!と考えていましたが

心が揺らぎまして

良性だったら、切らずに小さくなるのを待ってもいいかな?と思えちゃったのです
(1~2か月ほどで、退縮して自然となくなる)
まれに、大きくなって退縮しない場合もあるらしいが・・・

モカは不妊手術してからとっても病院が怖くなり、順番待ちでもずっと体が震えているので

また病院で手術したらますますトラウマができちゃう可能性も気がかりだし

それに、場所が顔で、多少の傷が残る事に躊躇したり

診察室で、いや~めちゃくちゃ悩みましたね~
(順番待ちしてる人たくさんいたのにすみません^^;)

で、結果は・・・

針での細胞診を選択しました

その時の様子は長くなってしまったのでまた・・・^^;
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。